風邪を引いてしまった

「風邪」は浄化のサイン!
「風邪で飛ばして邪気を払う」という意味でもあります。
体が疲れが溜まってるからここで休息して疲れを抜いてっていうサインなんです。
決して風邪は悪いものではありません。
風邪は体と心の強張りを癒します。

肩や首のコリ、過度の緊張とストレスなど風邪が去ったら改善されていたりします。
体と心の邪気を出し、チャージする時です。
アロマの力を借りてパワーチャージしてみましょう(^^♪
精油は単体で使っても、ブレンドしてもOKです!

風邪を引きそうだと感じた時
風邪を引きそうだと感じた時は、足を温めてあげてください。
足裏は体の反射区(内臓や器官とつながる末梢神経が集中している場所)で第二の心臓とも言われています。
足を温める=内臓も温まる

フットバスで足浴しましょう!

洗面器にひと肌より熱めのお湯を入れそこへアロマ(精油)を2~3滴入れる。
足を浸け10分ほど足浴して下さい(^^♪

熱が出てしまった時は下げるよりも放熱を

熱が出てしまった時は、もちろん冷却することも大事ですが、熱が上がっているときは体の中に入ってしまったウィルスや細菌と戦っている証拠です。
そんな時は、ウィルスや細菌に対抗する精油や、免疫力を向上する精油を使いましょう。
発汗→放熱→冷却です。

塗り薬を作りましょう!

ウィルスや細菌に対抗する精油や免疫力を向上させる精油などを使い、塗り薬を作り、喉や背中に塗布してください。

熱・ウィルス・細菌・免疫力向上の精油

ペパーミント精油

ラベンダー精油

ユーカリ精油

咳・鼻・喉の風邪

咳・鼻・喉の症状には

咳や鼻水、喉の腫れには蒸気吸入がおすすめです。
マグカップや鍋にお湯を入れ、そこへ精油を1~2滴入れてください。
精油が混ざった蒸気を吸入して下さい。

咳・鼻水・喉に有効な精油

ベンゾイン精油

マジョラム精油

ユーカリ精油

アロマテラピーでお部屋の浄化も効果的

風邪予防のアロマテラピー

ご家族や恋人が一緒に生活している空間は、風邪をひいたら移してしまうのではないかと心配ですね。
体が疲れていて免疫力が下がっている時に最も風邪細菌は体内に入りやすいです。
風邪予防のためのアロマテラピーは有効です。
全員ができて尚且つお部屋の浄化もできるので一石二鳥です!!