アロマを安全に使うために

※ 精油は植物を原料とする100%天然成分ですが、天然だからと言って安全とは限りません。

アロマ(精油)は高濃度です。

原液のまま塗布すると刺激が強い事があります。必ず希釈しましょう。

  • 皮膚に塗布する場合は必ずパッチテストをしてからご使用ください。
  • キャリアオイルで希釈した精油を腕の内側に塗り1時間ほど様子を見ます。
  • 赤くなったり痒み、腫れが確認された場合は使用を中止してください。(※キャリアオイルの成分が体質と合わない場合もあります)
  • アロマ(精油)によっては光毒性(日に当たるとシミやアレルギーを引き起こす原因)になる場合があります。
    グレープフルーツ・ベルガモット・レモンなど
  • また、体質により皮膚に刺激やアレルギーを起こす場合もありますので注意が必要です。
  • 原液塗布OKな精油はティーツリー・ラベンダーのみです。

アロマテラピーに適した正しい精油を使いましょう!

様々な精油が販売されてる中、100%精油ではなく、精油とキャリアオイルが混ざった物やポプリオイル、または人工香料が入ったものなどがあります。 皮膚に塗布する場合や効能を重視する場合には100%天然の精油をお使いください。

使用上の注意を守り、しっかりした分析表が添付されたものを選ぶことをおススメします。