アロマ(精油)の歴史Ⅱ

植物の天然芳香の時代へ~16世紀~

16~17世紀には南フランスのプロバンス地方において花やハーブ、柑橘系の植物から香料が生産され始めます。 特にグラースは生産量世界一です。 ルイ14世の時代に革製品特有の臭いを和らげるために 香水が利用されました。 もっとも流行したのがネロリの匂い付き皮手袋だったそうです。

18世紀後期に入るとフランス人科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中に火傷を負った治療でラベンダーを使ったことから薬理作用に注目。
アロマテラピーとはルネ・ガット・フォセが作った造語です。
 
Aroma=ギリシャ語「アローマ=ハーブ」
Therapy=ギリシャ語「テラペイア=付き添い・癒し」
 
植物療法を「アロマテラピー」と命名
 
この頃から精油を科学的に検証し薬理作用が証明されてきます。
 
19世紀初頭、フランス人軍医ジャン・バルネは抗生物質の使用に疑問を持ち、薬理作用がある精油から作った芳香薬剤で負傷者を治療し、大いに効果を経験したといわれています。
 
精油の心理的、精神的効果を研究したパオロ・ロベスティは神経症やうつ病の治療に有効だと証明しました。
 
19世紀後期にはオーストラリア人生科学者のマルグリット・モーリーは精油を植物油に希釈しマッサージするという方法を発見したといわれています。
 
ホリスティックアロマテラピーの基礎を築いた人物である。