体内へ伝わる3つのルート

体内へ伝わる3つのルート

芳香成分が心身へ作用する道筋には
「鼻」「口」「皮膚」の3つのルートがあると考えられています。

鼻ルート「生存」「記憶」「感情」「情緒」

人間の五感の1つである「嗅覚」は原始的、直接的、本能的です。
香りを嗅いだ芳香成分は、脳へと伝わり、身体へ生理反応を起こさせ作用します。

芳香成分が鼻から入り、鼻腔の内側奥にある嗅毛に取り込まれ、
これが香りを感知すると情報を脳へと伝えます。
能から各箇所へ伝達し、心身が影響を受けるのです。

口ルート「吸入」

口から吸入 ⇒ 肺 ⇒ 血流に乗り各箇所へ

呼吸と一緒に口や鼻から芳香成分が入り鼻や肺の粘膜から血管壁を通り血液に吸収され血流を介して全身に行き渡ります。

喉が痛いときや咳込むときにも効果的
カップや洗面器などにお湯を張り精油を1滴入れて蒸気をゆっくり 口から吸い鼻から息を出す。
(タオルを頭から覆って蒸気を吸い込むと蒸気を逃さず効果的!)

皮膚ルート(トリートメント・湿布など)

皮膚(塗布)⇒ 毛細血管へ ⇒ 血流にのり各箇所へ

皮膚には表皮を覆う皮膚膜や角質層があるため大きな分子は通れません。芳香成分は非常に小さな分子構造なので皮膚を通して吸収します。

アロマトリートメント
アロマテラピーの良さを最大限引き出すのがアロマトリートメントです。
全身に塗布し皮膚から毛細血管、血液まで刺激し血行を良くし、新陳代謝を活発にします。
精油は不調の部分へ集中し緩和させていきます。
「嗅覚」と「触覚」両面に働きかけるのがアロマトリートメントです。

セルフトリートメント

精油によって様々な効能を選んで使うのが効果的です。
(むくみ・冷え・リフレッシュなど)
下から上へリンパ節に体液が向かうように手のひらでゆっくり流していきます。
お風呂で温まってからやると効果的!!