Ginger ~ジンジャー~

体と心を温める
「体の不調を助けるジンジャー精油」
集中力や記憶力を上げる 

学名Zingiber officinale
科名 ショウガ科 
抽出法根茎の水蒸気蒸留法
ノートミドル

ジンジャーの主な作用

引赤作用催淫作用
強壮作用去痰作用 
殺菌作用刺激作用
駆風作用解毒作用
胃健作用発汗作用
抗酸化作用抗腐敗作用
鎮痛作用鎮痙作用
抑吐作用血行促進作用
消化促進作用食欲増進作用

 

※刺激が強い精油です。敏感肌の方は特に注意が必要です。使用量に注意!!

心と身体に作用するジンジャー精油

心には・・・
催淫作用で冷めた心を明るく持ち上げロマンチックな気持ちへと誘います。
ストレスによる神経性の疲労や、落ち込んでいる心に活力を与えてくれます。
刺激が欲しい時にも良いと言われています。

体には・・・
引赤作用で体を芯から温め、冷えの改善や、血行不良による体の不調を緩和します。
代謝促進。発汗。筋肉痛や肩こり、生理痛など。

疲労回復、食欲のない疲れた胃を緩和。
風邪を引いて鼻の調子が今一つな時や二日酔い、乗り物酔った時にも有効です。

お肌には・・・
血行促進・代謝促進で傷跡やただれを治癒に向けて働きかけます。しもやけの予防にも。

万能なジンジャー精油
ジンジャーは体全体に作用します。
「冷えは万病の元」なのでジンジャーを取り入れて、冷え防止に役立てましょう!
そして催淫作用があり女性よりも男性に最適な精油です。性的障害(インポテンツ)の緩和にもよいとされています。

ジンジャーは神からの贈り物
インドの古い医学書の中に「ショウガは神からの贈り物である」と記されているそうです。
古くからショウガはの薬効がある食材として世界中で重宝されてきました。
イギリスの「ジンジャーブレッド」はペストが流行した時に市民の3分の1の人が亡くなったにも関わらず沢山ショウガを食べていた人は助かったという事実がある名残りだそうです。

昔はジンジャーとブラックペパーは金と並ぶほど貴重品だったそうです!

ジンジャーと相性の良い精油
精油はブレンドすることでお互いの良いところを引き出す相乗効果が期待できます。
香りもブレンドすることで一層深みが増します。
食欲がない時疲れた胃には=ベルガモット
落ち込んでいる心の時には =ラベンダー
体の冷え・血行不良の時は =ブラックペパー

こんな時に使ってみてください!

キャリアオイル大さじ2
ジンジャー精油1滴

 

末梢神経が冷えている(手・足)

筋肉痛や肩こりで体がつらい。
むくんでいる時やセルライトにも有効です。
つらい部位に塗布し、優しくマッサージをしましょう。

疲労回復がしたい!
アロマテラピー(芳香浴)をしましょう(*^-^*)