Jasmine~ジャスミン~

感受性が豊か・高揚
「情熱的なジャスミン精油」
頭の先からつま先まで女性的な精油です

学名Jasminum randflorum
科名モクセイ科
抽出法花の水蒸気蒸留法
ノート ベース

ジャスミンの主な作用

催淫作用抗鬱作用
子宮強壮作用催乳作用
殺菌作用鎮痙作用
鎮静作用通経作用
分娩促進作用皮膚軟化作用
消毒作用エモリエント作用

 

※ジャスミンは分娩促進作用がありますので妊娠中の方は使用NGです。
※香りは非常に濃厚ですので使用量に注意してください

心と身体に作用するジャスミン精油

心には・・・
強いリラックス感があり心を静かに安定。
産後の抑うつ状態を緩和。
自信を無くした時に・・・。高揚感と活力を与えてくれます。

体には・・・
子宮強壮・女性ホルモンを調整し、月経トラブルやマタニティブルーを緩和。
男性のインポテンツなどの性的障害を緩和。
催淫効果で感情的な不感症・性的な不感症に。

お肌には・・・
乾燥肌・敏感肌にエモリエント作用でお肌を柔らかく潤いを与える。
ストレス肌にも最適。

分娩促進作用のジャスミン精油
女性的な精油で婦人系に強いジャスミン精油ですが、出産やお乳の出を促進する優れた働きもあります。

花の王と呼ばれるジャスミン
花の王と呼ばれるジャスミン。
世界3大精油の1つです。
甘美でエキゾチックな香りは催淫作用がありとても官能的です。
インドやアラビアでは古来から媚薬として用いられてきました。

ローズと同様少量しか採取できないためとても貴重です。
(採取できるのは1トンの花から1キロほど)

ジャスミンはどんな環境でも自分らしく、素直さがあり自信に満ち溢れています。
カリスマ性があり「虜という言葉がぴったりです!

クレオパトラが愛したジャスミン
クレオパトラが愛したジャスミンは精油ではなく香油。それを体に塗り男性を誘惑したと語り継がれています。

性欲減退しているときにジャスミンでアロマテラピーを行ってみて下さい。
催淫作用で感情的・性的な不感症にも良いとされております(*^-^*)